顧問弁護士サービスのメリット

「顧問弁護士が何をしてくれるのかわからない。」
「顧問料に見あうメリットがあるのか。」
「頻繁に法律上のトラブルがある訳ではないので、顧問弁護士は必要ないのではないか。」
「顧問弁護士は高いから、税理士と社労士で十分ではないか。」

顧問弁護士について、そのサービスの内容やメリットが十分に伝わっておらず、上記のような疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。
以下、当事務所の顧問弁護士サービスのメリットについてご説明いたします。

1 法律相談、契約書の作成、審査のサービスが受けられます(プランにより条件があります)

いまや、事業活動を円滑に進めるためには、日常的な弁護士への相談と、契約書の作成、審査は不可欠といえます。
顧問ではない弁護士に相談する場合は、その都度予約をし、費用を支払う必要があるため、既にトラブルが発生した後など、相談が後手に回りがちです。また、弁護士を探して予約を取って相談に行くのはおっくうなので、「まあいいか。」で進めてしまう場合もあるでしょう。
しかし、相談のタイミングが遅れたり、疑問を持ちながら見切り発車で進めてしまったために、交渉で不利な立場になったり、法的紛争に発展したり、取り返しのつかない損害を被る恐れもあります。
例えば、取引先との契約にあたり、契約書のひな形をそのまま使ったり、取引先から提示された契約書の審査をせずに調印してしまうことで、全く想定していなかった義務を負うなど不利な立場に置かれることもあります。
また、問題社員や残業代請求への初動で誤った対応をしてしまい、労働基準監督署の介入を招いたり、他の社員に悪影響が拡散してしまう場合もあります。
顧問弁護士を依頼することで、日常的に弁護士に相談できる体制と、契約書作成の体制を整えることができます。

2 電話、メール、チャットでの相談が可能(プランにより条件があります)

通常、弁護士に相談する場合、あらかじめ日時を決めて予約をとり、弁護士の事務所に出向く必要があります。
時間に余裕があれば問題ありませんが、忙しい経営者と弁護士の予定を調整し、法律事務所まで出向くのは大変です。それが原因となり、相談すべきことを相談できなかったり、相談のタイミングが遅れてしまうこともあります。
当事務所では、顧問先に限り、電話、メール、チャットでの相談を受け付けております。
電話、メール、チャットでの相談であれば、疑問や不安が生じたときにすぐ相談できますし、負担も少ないので、ちょっとしたことでも相談することができます。

3 優先かつ迅速に対応します

事業活動においては、何事においてスピードが重要です。
弁護士に相談するために時間がかかったり、弁護士に依頼した契約書の作成や相談の回答に時間がかかってしまうと、取引の機会を逃したり、紛争の解決が困難になったりする場合もあります。
当事務所では、顧問先からのご依頼を最優先とし、迅速に対応いたします。

4 紛争を予防することができます

訴訟や契約違反といったように問題が既に発生しており明確な場合のみならず、まだ問題は発生していないけれど心配があるといった事柄の場合や、弁護士に相談すべきかわからないような事柄の場合にも気軽にご相談いただくことが、将来の紛争の予防につながります。
紛争には、多くの場合予兆があり、早く気づいて対処することで紛争を予防することが可能になります。
ひとたび紛争が発生すると、仮に最終的には勝訴したとしても、勝訴を勝ち取るために多大なコストや時間を必要とし、経営者にとってもストレスになります。
紛争への最良の対処は、解決ではなく予防です。顧問弁護士は、紛争の予防に貢献できます。

5 いざという時にも安心して任せることができます

紛争が発生し、弁護士による対応が必要となってから弁護士を探す場合、その弁護士の能力や人柄、考え方等はわからず、安心して任せられる人物かどうか不安を感じるはずです。
また、依頼したい弁護士がいても、先に相手方から相談を受けて相手方の代理人になってしまう可能性もあります。
信頼できる顧問弁護士がいれば、いざという時にも安心して任せることができますし、貴社のビジネスや考え方も理解しているため、的確かつ迅速な対応が可能です。
また、貴社の相手方から相談を受けた場合には、利益相反として依頼を断りますので、当事務所が貴社の相手方になることはありません。

6 社外・社内に対する信用度・信頼度・安心感が増します

社外に対して顧問弁護士がいることを表示することにより、対外的な信頼が増すとともに、貴社に対する不当な要求を予め抑制する効果も期待できます。
また、社員にとっても、顧問弁護士がいることで、いざとなれば顧問弁護士が助けてくれるという安心感につながったり、顧問弁護士に相談することで取引先に対して自信を持って対応できるという効果もあります。

7 法務コストの削減

顧問料の負担が大きいと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、当然、全額必要経費に算入できますし、また、専門家である弁護士に日常的に相談することができ、上記のようなメリットがあることからすれば、その人件費としては決して高額ではないのではないでしょうか。
さらに、顧問契約を締結することで、法律相談料等に別途費用を支払う必要が無く、個別事案の弁護士費用にも割引の適用があります。

当事務所では、顧問弁護士サービスに関するご相談は初回無料ですので、顧問弁護士サービスに興味はあるが、内容を聞いて検討したいという経営者、企業の方は、お気軽にご連絡下さい。

下記のページも合わせてご高覧頂けましたら幸いです。

顧問弁護士をお探しの方へのページはこちら
当事務所の顧問弁護士サービスの特徴に関するページはこちら

The following two tabs change content below.
藤本 尊載

藤本 尊載

玉藻総合法律事務所代表弁護士。企業側の弁護士として多数の顧問先を持つ。労務問題をはじめとした企業の法的トラブルに精通。他士業に向けたセミナー講師も務める。